石川院長のご挨拶 耳鼻咽喉科 歯科 医師の紹介 所在地 お問い合わせ
診療時間
花粉症について
予約について
診療室風景
はじめのページに戻る


耳の病気

アレルギー性鼻炎
【症状】
鼻水、くしゃみ、鼻づまりを三主徴とします。季節に関係なく、一年中アレルギー症状を起こすことが多いです。家のホコリ(ハウスダスト)、ダニ、カビ、動物の表皮などが原因として考えられます。また喘息やアトピー性皮膚炎が合併することもあります。

【治療】
アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)がわかっている場合には、原因物質の除去に努めます。特異的減感作療法:アレルゲンが確定したら、アレルゲンの抽出希釈液による減感作療法がおこなわれます。この療法は、1〜3ヶ月目から効果が現れますが、一年以上継続しておこなう必要があります。抗ヒスタミン剤の内服、局所ステロイド剤の点鼻治療。下鼻甲介切除術、レーザー焼灼術、ビディアン神経切除術などの手術療法がおこなわれることもあります。



花粉症
【症状】 
アレルギー性鼻炎と症状は同じですが、草木の花粉が原因となっている場合を花粉症と呼びます。また、アレルギー性結膜炎により目のかゆみを伴うこともあります。

【治療】
花粉飛散が起こる数週間前より抗アレルギー剤の内服加療を投与します。花粉症では早期内服により、鼻症状の発症が抑えられるといわれています。その他、症状が出てからは、抗アレルギー剤と抗ヒスタミン剤の内服や、症状の強い人には抗ヒスタミン剤にステロイドを配合した薬を内服することもあります。局所的には、点鼻薬、ネブライザー療法をおこないます。症状の強い人には、下鼻甲介切除術をおこなうことがありますが、最近では、外来でおこなえる
レーザー焼灼術が注目されています。

副鼻腔炎
急性副鼻腔炎
【症状】
急性副鼻腔炎は、風邪に引き続いて発症することが多く、鼻づまり、膿性鼻汁、後鼻漏(鼻汁がのどに降りること)、痰のからんだせき、頭痛や頬の痛みなどの症状が出ます。

【治療】
治療は抗生物質や消炎剤の内服、副鼻腔洗浄、ネブライザー治療をします。

慢性副鼻腔炎
【症状】
慢性副鼻腔炎は、副鼻腔炎が慢性化したもので、鼻づまり、鼻汁、後鼻漏、嗅覚障害などの症状をきたします。
小児では滲出性中耳炎を合併することも多いです。

【治療】
治療はマクロライド系抗生物質を少量長期(2〜3ヶ月)投与したり、ネブライザー吸入治療します。
このような保存的治療で治癒しない場合は、鼻茸摘出手術、鼻内内視鏡手術などの手術が必要になる場合もあります。最近では昔のように歯ぐきを切って施行する手術はほとんど行われなくなっています。

鼻出血
【症状】
鼻中隔(鼻の真ん中の仕切)には、血管が豊富なため出血しやすい場所(キーゼルバッハ部位)があります。鼻をかんだり洗顔後などに機械的刺激により起こってくる場合は、この部位からがほとんどです。

【治療】
軽度の場合には、綿球をつめて5分程度鼻を圧迫すると止まることがほとんどです。それでも止まらない場合には、薬液で腐食するか電気凝固が必要なので、耳鼻科に受診してください。繰り返す場合や血が止まりにくい場合には、他の疾患(血液疾患、高血圧、肝臓疾患)がないか検査が必要です。

鼻炎
急性鼻炎
【症状】
いわゆる鼻風邪で、風邪の合併症として起こります。寒気がして37〜38度の発熱、頭痛や鼻閉が起こります。鼻汁は初めは水のようですが、次第に膿のようになります。

【治療】
安静にして解熱鎮痛剤内服、点鼻やネブライザー治療をおこないます。

慢性鼻炎
【症状】
急性鼻炎の全身症状を欠くような症状が持続するものをいいます。鼻閉(特に交替制)、粘液性の鼻汁や頭重感を生じたり集中不能を起こすことがあります。

【治療】
下鼻甲介切開術、レーザー焼灼術などをおこないます。


このページの一番上へ
Copyright (C) 2008 Ishikawa Clinic . All Rights Reserved.